売る買うなら不動産に詳しいプロに相談して検討を

賢く

土地売却は所得税が発生しにくい

土地売却の場合、建物売却をするケースよりも所得税が発生しにくくなります。その理由は、土地は減価償却をしないためです。 土地売却や建物売却に係る所得税は、売却金額と購入金額との差額に対して課されます。土地売却の場合の購入金額は、購入してきた金額そのままです。何を当たり前のことをと思われるかもしれませんが、建物売却の場合、違ってくるのです。 建物は老朽化していくため、年々価値が減っていくことになります。それに合わせて購入金額も減らされることになり、これを減価償却と言います。 対して、土地の場合、地価の変動はあっても、老朽化していくことはないので、減価償却は行われません。結果、土地売却の場合の購入金額は買った時のままとなり、建物売却に比べると所得税が発生しにくいのです。

賢い土地売却術

土地売却を検討する場合、大きく分けて二つの売却方法があります。 一つ目の土地売却方法は、不動産業者に直接売却するというものです。この売却方法では、業者との直接売買のため、仲介手数料が不要であり、また、現金化までの時間が最も早い方法です。その反面、売却価格は抑えられる傾向にあります。 二つ目の土地売却方法は、不動産業者に売買の仲介を依頼し、広く買い手を募集する方法です。この売却方法のでは、仲介を依頼するので仲介手数料が必要であり、また不人気エリアの物件にでは、現金化までにかなりの時間を要します。しかし、希望価格で売却できる可能性があります。 このように大きく分けて二つの売却方法があります。多少時間がかかっても高値で売却するか、多少安値でも確実に最短で土地売却を終わらせるか、最も判断の難しいところです。