売る買うなら不動産に詳しいプロに相談して検討を

豊かである

昔とこれからの注文住宅

今でこそ注文住宅はあたりまえになっていますが、戦後の日本は注文住宅など夢のまた夢でした。昔は住宅の供給がおいつかず一戸建て住宅よりも集合住宅が多く作られる時代だったのです。ただしその頃から一戸建て、とりわけ注文住宅の人気はあったのですが、昔は建設業よりも製造業の方に労働力が奪われ注文住宅のようなしっかりした住宅よりも、プレハブや集合住宅のような人手がかからない住宅が一般的だったのです。 ですがバブルの頃になるとそういった傾向がみなおされ、建設業にも労働力に余力ができるようになったのです。そういった時代背景から一気に注文住宅の需要が増えたのです。現在ではよりデザインや間取りなど工夫がこらされた住宅が増えている現状です。

バリアフリーに注目があつまっている

今後の注文住宅の傾向としては、高齢化社会に突入した事によって親と同居する人が増えているのです。つまり二世代住宅が増える事が予想されているのです。また若い人は独自の価値観を大切にする人が多いため、きまったデザインの住宅よりも個性を大切にした住宅作りが求められているのです。 また高齢者が住みやすいようにとバリアフリーを取り入れた注文住宅がいっそう増える傾向です。特にバリアフリーは建売住宅では後からリフォームする事が困難な箇所も多いため、注文住宅ではじめから将来をみすえた設計をしている住宅が増えたのです。 住宅の建材や設備もそういった人をターゲットにした商品が多くでているのです。浴室暖房乾燥機や床暖房、幅広引き戸などがそういった商品です。