売る買うなら不動産に詳しいプロに相談して検討を

重要なこと

マンションはいつ売るべきか

マンションを売るとき、そのタイミングは非常に重要になります。マンションの価格は変動し、売るタイミングによってはより高く売ることができるかもしれません。 マンションの価格は、長いデフレの影響と、東日本大震災の影響によって2012年に底を打ちました。現在はアベノミクスの影響や、円安により海外の投資家が日本の不動産に投資をしやすくなったことによりマンションの価格は上昇傾向にあります。2020年の東京オリンピック開催決定も追い風となり、今後もマンションの価格は上昇が続くと予想されています。 ただし、いまだ完全なデフレ脱却はできておらず、少子化により、マンションの需要はだんだん小さくなることを考慮に入れたうえで、マンションを売るタイミングを決める必要があるでしょう。

マンションを売るときに注意すること

マンションを売るときに注意する事は、相場です。不動産というのは、どうしても景気による変動があります。相場が変わって来ることになりますから、マンションは売るタイミングをよく考えたほうがよいのです。 また、売るのであれば、個人取引にしたほうがよいのです。そのほうが高く売れるのですが、これにはリスクがあります。マシンョンを売る、ということは不動産取引になります。不動産取引はどうしてもリスクがあります。それは売り手に瑕疵責任があるので、かなり長い間の保証をする必要があるのです。しかし、マンションを業者に売るのであれば、それは個人であれば責任がなくなります。 マンションを売る相手は専門の業者なので、瑕疵責任はなくなり、あくまで業者の責任になります。